健康茶が提供する「薩摩なた豆 元気茶」は鹿児島県吉田地方からとれたなた豆、純国産の鳩麦、黒豆、赤芽柏、桑の葉をバランス良く配合したナタマメ茶です。

薩摩なた豆 元気茶の購入はこちらから

なた豆茶とは、なた豆と言われる「さやえんどう」を巨大にしたような形の豆を原料にしたお茶のことです。

なた豆は大きいもので70cm以上になることもあるぐらいの大きな豆です。

なたまめはその様子が刀の様に見えるため、漢字では「刀豆」と書かれます。

なたまめの歴史は非常に古く、1578年に完成されたと言われている明時代の中国で書かれた「本草網目」にも登場します。

なたまめは、栄養分も豊富で鉄分やマグネシウムやミネラルなどを多く含み、古くは滋養強壮に有効な植物として重宝されていました。

最近の研究で、なたまめに含まれるカナバニンという成分が、口臭予防に有効だとわかり、口臭予防の歯磨き粉やお茶として販売されるようになりました。

なた豆茶が口臭に有効な理由とは?

なた豆茶は蓄膿症の鼻の横にたまった膿を出してくれる排膿効果により蓄膿症の鼻通りが良くなるということで人気になりました。

その効果の秘密はなたまめに含まれるカナバニンという成分。

体の中に溜まってしまった膿を出してくれる排膿効果と、炎症を抑えてくれる抗炎効果があるのです。

この、なたまめの排膿効果と抗炎効果は、蓄膿症だけではなく、歯周病や歯槽膿漏などにも有効です。

同じ様に歯茎に溜まった膿も出してくれるからです。

さらに歯茎の炎症も抑えてくれるということが分かり、歯周病や歯槽膿漏を予防し、結果として口臭予防に有効であることが人気に火をつけました。

ドラッグストアなどでも刀豆の歯磨き粉はたくさん売られていますよね。

歯磨き粉だけでなく、お茶としても人気が高まっています。
 

厳選10種類のなた豆茶をランキング!